山田産業株式会社 [東京都八王子市] : 環境との共生、豊かな住まい / Housing for new generation 新世代の家造り
ブログカテゴリ一覧
ブログの最新記事
アーカイブ
ブログ カレンダー
« « 2018 4月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 1 2 3 4 5
最新のコメント
最新のトラックバック

ブログ - 案山子春秋 首都直下地震(震度6)! ヒェ〜〜

案山子春秋 首都直下地震(震度6)! ヒェ〜〜

カテゴリ : 
案山子 春秋
Date : 
 2008/4/4 17:00

「首都直下地震(震度6)が正午に発生し、火災や建物の倒壊で
約一万一千人が死亡し、二百十万人が路上で歩行困難な状態になる
という」 国の中央防災会議が公表した。 なんとも恐ろしい事だ!

地震大国 日本 危ない東京一極集中!なんてたまには聞くが
以前,東京の一極集中については万一の大事が起きたときの被害、
危険性など考え、都市分散の話があり、霞ヶ関の官庁移転計画などが
浮上し、周辺の自冶体などでは誘致に名乗りを上げたりしたものだったが、
いつしか話しは消えちまった。都会派のお偉い先生様たちの影響かな・・・?

都心の中で職と住を融合させるコンパクトシティなんてカッコイイ街区が
あちこちにでき、高層建築開発が進み高層高額オフイスビルや
高層高額マンションが建並び,都心でなければ仕事にならない
都心でないと働く場所が無い・・・。
寂れ行く地方に見切りをつけ、ゾロゾロとみんな都心を目指し
都心ビジネスマン、都心住民が生まれ、総じて都心回帰現象と呼ばれるようになった。

結果、目いっぱい住宅ローンを組んで高額マンション等を買った方々。
いつ起こるかもしれない災害などに “そんなの関係ない!”とは思ってはないだろうが、
高額マンションを高額借金、長期返済で購入して都心での高い生活費を余儀なくされ、
負の財産を抱えながらかっこよく働いている都会人の方々。

大きな災害など起こったときにはどうなるか・・・。もしかしたら
借金を背負いながら逃げ惑う事になるかもしれない。
壊れかかったマンションなんて様にならないからねぇ。

遠くの田んぼから眺めている案山子としては "家族の安全と環境を考え
て先ずは郊外の安全地帯の一戸建てに住む"ことを薦めるね。

大事が起きたとき ”オッパッピ〜”なんて洒落にもならないからさ。

余計なお世話だったら・・・  ごめんなさい!




 
 
 

コメントの投稿

コメント投稿に関するルール : コメントに承認は必要ない

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://yama-san.co.jp/modules/blog/tb.php/19